SD&microSDカードをまとめて管理!耐衝撃・防水性に優れたメモリーカードケース

Deyard 防水SDメモリーカーケース Gadget

写真や動画の撮影が趣味だとSDカードってどんどん増殖しますよね。

今までは「管理上よくないよなー」と思いつつも、付属の1枚用プラケースに入れたものを小型のポーチへ無造作に放り込んでいました。

いい加減これじゃいかんなということで、しっかりしたSDカードケースを購入したのでレビューしてみます。

スポンサーリンク

Deyard 防水SDメモリーカード用ケース

耐衝撃性と防水性に優れたこの形のSDカードケースを買おうというのはすぐ決まったのですが、Amazonで調べていると同じ形のSDカードケースが複数メーカーから出ていました。

どれを選んでもあまり変わらないとは思いますが、レビューの件数・内容とコストパフォーマンスの良さ、ついでに知っているメーカーだったことから「Deyard 防水SDメモリーカード用ケース」にしました。

ちなみに、Deyardは主にGoProやDJIなどのアクセサリーを販売しているメーカーで、GoProのフレームケースなんかが有名です。

外観

パッケージと内容物

クリーニングクロスのおまけが付いてきます。

開閉構造

開閉はバックル構造になっており、パチンと閉まります。片手で操作できて楽ですし、180度以上開くので一覧性もバツグン。

ストラップホール

Deyard 防水SDメモリーカードケースのストラップホール

ストラップホールがあります。自分はあまり使わないと思いますが、頻繁にカードを入れ替える必要のある人は首・腰・カメラバッグなどにぶら下げておけるので便利かもしれません。

製品の特徴

製品の特徴を細かく見ていこうと思います。

主な仕様

「Deyard 防水SDメモリーカード用ケース」の主な仕様は以下の通り。

収納枚数 SDカード12枚 + microSDカード12枚
サイズ(L×W×D) 143mm × 80mm × 28mm
重量 154g(実測:135g)
素材 ポリカーボネート(耐水性密封材)
Deyard 防水SDメモリーカードケースの重量

重量は商品説明欄では154gとなっていますが、SDカードを一切入れてない状態で実測してみると135gでした。

収納枚数

収納枚数は「SDカード12枚 + microSDカード12枚」となっています。

収納スペースが12スロット存在し、各スロットの下側にmicroSDカード、その上にSDカードを収納する方式です。SDカードは上下どちらの向きで入れても問題ありませんが、microSDカードはスロットの形で上下が決まっているので注意。

耐衝撃性

外側はポリカーボネートという耐衝撃性や耐熱性に優れた樹脂製の素材になっています。

ポリカーボネートは防弾素材なんかにも使われていて、実際に触ってみた感じも「多少落としたり押しつぶされたりしても大丈夫そうだな」という印象です。

内側の収納スペースは適度にクッション性のあるPET素材となっており、保護力はもちろんSDカードの端子に傷が入る心配もなさそう。

防塵性・防水性

Deyard 防水SDメモリーカードケースの防水シリコーンゴム

黄色い部分がシリコーンゴムのパッキンになっており、ケースを閉じた際にきちんと密閉してくれます。

IPXの表記はありませんし、水中に入れても大丈夫とまではいかないかもしれませんが、通常使用している上での雨・チリ・ホコリなどには充分有効。

Deyard 防水SDメモリーカードケースの防水シリコーンゴムを外した状態

ちなみにパッキンは本体から簡単に取り外せるので手入れも楽。

収納スペースのフィット感

サイズぴったりな収納スペースになっていますので、とてもホールド力があります。

画像のように逆さにしても全然落ちません。

開けた際にSDカードが飛び出したり落下してしまう危険性がないので、外でも気楽に開くことができます。

ぴったりすぎてちょっと取り出しにくいかな?というのはありますが、何度か出し入れしているとちょうどいい具合に馴染んできます。爪でひっかけるための隙間もあるのでそこまで問題ありません。

まとめ

今までの管理方法と比べて

  • 一箇所にまとめて管理することができるので、紛失のリスクが減る
  • 全体的に保護力が上がり、SDカードの損傷やデータ破損のリスクが減る

といった点が改善されました。

コンパクトで軽量で頑丈で収納力がある、とSDカードケースに求めていたものをすべて満たしてくれる商品で大変満足。

コメント

タイトルとURLをコピーしました