新しい Evernote PC版で不便になった多くのことと以前のバージョンを使う方法

Software

先月の頭頃に、新しいEvernoteのPC版(Evenrote for Windows・Mac)が正式リリースされています。

新しくなった Evernote for Windows・Mac
Windows 版および Mac 版のアプリを基礎から再構築。より直感的で安定した操作性とさらなる利便性を実現しました。

自分は約8年ほどEvernoteを使用していますが、ここ数年は徐々に信頼度も下がっており、今回もとりあえずアップデートはしないでおこうと思っていました。

しかし「Evernote Legacy」というアプリがリリースされており、元々のバージョンを新しいEvernoteと共存してインストールできるということで、やっとこさアップデートしてみました。

スポンサーリンク

できなくなったこと・不便になったこと

ちょっと触っただけでも不便になったな、改悪だなと感じる部分が多かったので、発見したものをリストアップしていきます。

ちなみに自分の環境は Evenrote for Windows の「v 10.2.4 ビルド 1949 public」になります。

Evernote for Windows Ver.10.2.4 のバージョン情報

Mac版や、将来的なアップデート後のバージョンとは違う部分があるかと思いますが、ご了承ください。

本文をノートの題名に反映

ノートの題名が空白の状態で、本文に文字入力した際の仕様が変更されています。

旧Evernoteでは、本文の最初の一行が自動的にノートの題名になる仕様でしたが、新Evernoteでは、本文に入力してもノートの題名は空白(無題)のままになります。

新しい Evernote for Windows では、ノート本文に文字入力してもノートの題名として使用されない
新版は本文入力しても無題のまま
従来の Evernote for Windows では、ノートの題名が空白の場合ノート本文の最初の一行が題名として使用される
旧版は本文最初の一行が題名になる

ちなみに旧Evernoteでは設定の「新規ノートのオプション」で「新規ノート作成時のカーソルを題名に移動」という項目があるので、カーソル位置も選択可能だったのですが、新Evernoteではそのような設定は見当たらず、新規ノート作成時のカーソル位置は本文となっています。

従来の Evernote for Windows にあるオプション内のノート項目
旧版はオプションで新規ノート作成時のカーソル位置を設定可能

つまり、新Evernoteでの新規ノート作成時のカーソル位置は強制的に本文になっているくせに、本文一行目が題名として反映される仕様はなくなっているため、わざわざ題名欄にカーソルを持っていって題名を入力しなければならないという無駄な煩わしさが生じているということ。

キーボードショートカット

キーボードショートカットが諸々利用不可になっていたり、逆に追加されたりしています。

Evernote for Windows のキーボードショートカット
Evernote は、ほぼすべての操作をキーボードで行うことができます。Evernote for Windows で利用可能なすべてのキーボードショートカットは以下のとおりです。 注: 「新しいバージョン」というラベルが付いた真ん中の列は、新しい Evernote for Windows を指します。 システム全体 こ...

個人的には、旧Evernoteにあったグローバルホットキー(Evernote上からでなくても使用できるショートカットキー)が軒並み利用不可になっているのがつらいところ。

従来の Evernote for Windows にあるオプション内のショートカットキー項目
旧版にあったグローバルショートカットキー

何の作業をしてても「Ctrl + Alt + N」で新規ノートを作成してすぐ本文入力を開始できたり「Ctrl + Shift + F」でEvernote上の検索バーに移動できたりと、かなり便利だったんですがね…。

タグやノートブックの変更で強制的に更新される

旧Evernoteではノートのタグ追加・削除やノートブックの移動はノートの更新に当てはまりませんでしたが、新Evernoteではすべてノートの更新に当てはまります。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ここでいうノートの更新とはノートの更新日に反映されることを意味してます。

後々作ったタグを過去のノートに追加したり、タグを付け忘れてたノートに追加したり、ノートブックを追加して整理の仕方を変えたりする中で、ノートの中身に手を加えてないのに強制的に更新されて、更新日順にソートされているノート一覧の上の方にあがってきてしまうというのは個人的にすごく嫌です。

ノートの更新日が変更できない

旧Evernoteではノートの作成日時や更新日時をノートの情報から変更できましたが、新Evernoteでは作成日時のみ変更可能で、更新日時は変更不可になっています。

新しい Evernote for Windows ではノート更新日の変更が不可能
新板はノート更新日が変更できない
従来の Evernote for Windows はノート更新日の変更が可能
旧版はノート更新日が変更できる

更新したくないのに更新してしまった(検索して参照するだけのつもりがノート本文で改行入力してしまった等)際に更新日を過去にしてノート一覧の下の方に送ったり、逆にノートの更新日を未来にしてノート一覧の一番上に表示させておいたり、地味に使ってた部分なので、触れなくなったのは困りますね。

リンクをクリックしたときの挙動

ノート内の外部リンク及び内部リンクをクリックした際、旧Evernoteでは直接該当ページを開いていましたが、新EvernoteではまずURLが表示され、そのURLをクリックすることで該当ページを開くようになりました。

新しい Evernote for Windows では内部リンクをクリックした際に直接ページを開かずURLを表示する
新板で内部リンクをクリックした状態
新しい Evernote for Windows では外部リンクをクリックした際に直接ページを開かずURLを表示する
新板で外部リンクをクリックした状態

単純にワンステップ増えてるので不便。

タイムスタンプの形式

Evernoteでは「Shift + Alt + D」でタイムスタンプを入力することができます。

このタイムスタンプの形式が、旧Evernoteでは「OSで設定した形式の日付 + 時刻」だったのに対し、新Evernoteでは「YYYY年M月D日」になっています。

新Evernoteは日付の挿入のみになっていますが、かわりに「Shift + Ctrl + D」というショートカットが追加されており、こちらが時刻の挿入になっているようです。時刻の形式は「H:mm」のようです。

新しい Evernote for Windows のタイムスタンプ
新板のタイムスタンプ
従来の Evernote for Windows のタイムスタンプ
旧版のタイムスタンプ

旧EvernoteはWindowsの「形式のカスタマイズ」の「短い形式」に準拠していたので、自分好みの形式に変更できていましたが、新Evernoteでは決められている形式から変更できないようですし、個人的には日付と時刻を別々のショートカットで入力するのも面倒です。

Windows 10 の「形式のカスタマイズ」内の「時刻」の項目
Windows 10 の 時刻形式のカスタマイズ
Windows 10 の「形式のカスタマイズ」内の「日付」の項目
Windows 10 の日付形式のカスタマイズ

タイムスタンプを打ってその下にメモするみたいなことはかなり頻繁にあるので、かなり不便だなと感じます。

ちなみに旧Evernoteでは「Shift + Alt + D」の他に「Ctrl + ;」というショートカットもありましたが、新Evernoteでは「Shift + Alt + D」のみになっているようです。

フォントの選択

旧EvernoteではPCにインストールされているフォントから選択できましたが、新Evernoteでは「サンセリフ / セリフ / 等倍」という選択肢のみになりました。

新しい Evernote for Windows のフォント選択
新板のフォント選択欄

旧Evernoteでも選択して反映されないフォントは多かったですし、今回でシンプルになったというのはいいところでもあるかなと思いますが、単純に新Evernoteのフォントが縦長かつ文字間が狭いので見づらい印象。

新しい Evernote for Windows のフォントサンプル(サンセリフ)
新板のフォントサンプル(サンセリフ)
従来の Evernote for Windows のフォントサンプル(遊ゴシック Medium)
旧版のフォントサンプル(遊ゴシック Medium)

ノートのフォントは種類だけでなく、デフォルトのフォントサイズも指定できていたので、その点でも不便になりました。

従来の Evernote for Windows にあるオプション内のノート項目
旧版はデフォルトで表示されるフォント&フォントサイズが設定可能

表の列の境界をダブルクリックした際の挙動

旧Evernoteは表の列の境界線をダブルクリックすると、その列のテキストや画像に合わせて、列幅を自動調整してくれていました。Excelやスプレッドシートのような感じですね。

従来の Evernote for Windows では表列の境界をダブルクリックすると列幅が自動調整される
旧版は表の列の境界をダブルクリックすると列幅が自動調整される

新Evernoteでは、ダブルクリックしても特に何も変わらなくなりました。

もともと旧Evernoteでも、自分の環境では適切な列幅の一歩手前になるという微妙な挙動でしたが、そこそこ使っていたので地味につらい。

以前のEvernoteを使用する2つの方法

現状、旧Evernoteを使用するには2つの方法があるので紹介していきます。

Evernote Legacy をインストールする

旧Evernoteのほうが望ましいという人のために「Evernote Legacy」というアプリがリリースされています。アイコンは灰色に変わり、バージョンも6.25.1から6.25.2へ変わりますが、機能的には旧Evernoteのアプリと全く同じです。

Evernote for Windows Ver.6.25.2 のバージョン情報
Evernote for Windows Ver.6.25.1 のバージョン情報

新Evernoteと共存が可能なのも楽で嬉しいポイント。

https://help.evernote.com/hc/ja/articles/360052560314-以前のバージョンの-Evernote-をインストールする

ただ、あくまでも新Evernoteへの移行期間限定という位置付けらしく、今後どうなっていくかはわかりません。

この Evernote Legacy は、従来の機能を新しいアプリへすべて実装するまでの移行期間にのみご利用いただけます。
最新バージョンの Evernote(バージョン 10.0 以上)への移行期間をサポートするため、Evernote Legacy アプリは期間限定で Mac および Windows にダウンロードできます。

以前のバージョンの Evernote をインストールする – Evernote ヘルプ&参考情報

旧Evernoteの最終バージョンをインストール

旧Evernoteの最終バージョンである「6.25.1.9091」のダウンロードリンクがまだ生きているので、そこからインストーラーを落としてきてインストールすることが可能です。

こちらは「Evernote Legacy」と違って新Evernoteをアンインストールしないとインストールできないため、入れるのであれば「Evernote Legacy」の方が楽です。

ただ「Evernote Legacy」が今後どうなっていくかわからないので、一応インストーラーは落として保存しておくといいかもしれません。

ついでに利用端末数の制限も変更

ベーシックプランの話になりますが、先月から利用端末数に Evernote Web もカウントされるようになりました。

Evernote ベーシックへの変更について
あらゆる情報をこれまで以上に簡単にすっきり整理できるようにするため、Evernote はすべてのプラットフォームで基盤から再設計されました。Evernote Web をご利用いただくと、高速化した検索機能と豊富になった書式設定に加え、かつては一部のプラットフォームでしか提供されていなかった以下のような機能がご利用可能に...

昔は特に利用端末数の制限なく使用できており、2016年6月末にベーシックプランは利用端末2台までという制限が設けられたのですが、Web版は利用端末数に含まれないという条件になっていました。

なので「利用端末2台はメインPCとスマートフォン、サブPCはWeb版を使用する」みたいなことが今までは可能だったわけですが、今回からそれも不可能になります。

まとめ

そろそろ本当に移行先を見つけないとまずいかもしれませんね。

ここ数年落ち目は感じていて、他の似たようなサービスを少しだけ触ってみたりもしたのですが、結局それはまた他の良さであってEvernoteの代わりにはならなそうだな、と早々に戻ってきてるんですよね。

ちなみに「あれもダメだしこれもダメだーもう無理戻そう」って感じで新Evernoteを長時間触らなかったので、もっと色々不便になっている部分があるかもしれませんし、逆に方法が変わっているだけなのに気付いてないこともあるかもしれません。

もし新たに気付いたことがあれば、随時追記していければなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました